ゲイ同士の割り切った関係での出会いを近所で探すには?

ゲイ同士で出会いを探すのって本当に大変ですよね。
男女の出会いならとくに知り合う場合、偏見ってないですからね。

 

だけどゲイ同士であれば別です。
表向きは男女の出会いを探している1人の男性として、うまく立ち回らないといけません。

 

今はマイノリティーに対して理解が進んでいます。
だけどあくまでもみんなの前だけで、個人的な友人関係となれば話は別って場合はまだまだあるわけです。

 

・職場(バイト・社員)
・友達同士
・趣味仲間

 

など

 

さまざまな機会で出会いを求めるのが難しいからこそ、出会い系サイトを使うのが決めてとなりますね。

 

出会い系サイトではどのような出会いが多いの?

 

実は男同士の恋人目的で出会いを探すよりも、セックスを目的に出会いを探すほうが圧倒的に多いです。

 

・歳の差で出会いを求める場合

 

・タイプの人とすぐに会いたい場合

 

・性癖を満たしたい場合

 

などであれば、割り切った関係を求めるケースが多いですよ。

 

たとえば、

 

50代の男性で年下のイケメン男子とホテルですぐに関係を求めた場合は、お金をあげる約束で出会うわけですね。

 

相場としては、ホ別1.5〜2万円です。
ホ別1.5万円(イチゴ)が基準になりますよ。

 

さすがに出会うときは、最初からお金を渡す話にはならないです。

 

どちらかといえば、ごはんをごちそうして出会っていきますね。

 

SNSを使ってはいけないの?

 

登録なしで出会いを求めやすいSNSを1度はみたことがある人もいるでしょう。

 

書き込みがたくさんあるので、つい出会いやすいと錯覚してしまいます。

 

だけど実際は、返事が着ても業者率が各段に高く出会えないサクラサイトへ誘導されやすいですね。

 

要は登録なしなので業者のサクラからしても、身バレリスクがかなり少なく安心できるためです。

 

逆に出会い系サイトとなれば、不正行為をしていればすぐに利用停止となります。

 

もちろん再登録や再利用不可なので、かなりリスクですよね。

 

たまに業者からの詐欺被害がなくて、無料で出会いをみつけたい人もいます。

 

だけど無茶苦茶ですよね。

 

出会い系サイトならセキュリティーだけではなくて、会員募集にも力を入れているため出会いやすいですよ。

 

 

 

このページの先頭へ戻る